名刺は判りやすいシンプルなデザインのものをつくります

私は社会人となりましてから、名刺を作っていかなければならないと思ったときに、今ではパソコンで作ることができると言うことで、自分で作るようにしております。自分で作るほうがデザインも自分で決めることが出来ますし、作る枚数も自分で決められますし、何よりコストがかからないと言う点でパソコンで作ることを決めました。もちろん名刺に必用な用紙を購入しなければなりませんが、オーダーすることに比べますとまだ安いほうだと思います。

初めて名刺を自分で作るとき、そのデザインをどのようなものにしていこうか考えましたが、最終的にシンプルなデザインとなりました。可愛いポップなデザインや、格好良く色鮮やかにデザインしたものもあったりするのですが、やはり名刺と言うものは、相手に伝わりやすい判りやすいものが一番良いと思い、受け取る側のことを考えましたら、やはりシンプルなデザインのほうが見やすく判りやすいと思ったのです。それからというもの、私はあまり凝ったデザインのものは作らず、枚数がなくなればいつもシンプルなデザインのものを毎回作り続けております。それに、名刺のデザインで相手にもどのような人なのか印象を与えてしまうかと思います。もし、可愛いポップなデザインのものを渡してしまいますと、そのデザインを好まない人からしたらあまり良い印象を与えられなくなるような気がします。

その点、シンプルなデザインのものを渡しても、デザインに印象を与えることなく、ちゃんと名刺に載せられている連絡先を確かめてくれるような気がするのです。何を伝えて渡すかを考えますと、デザインも良いかもしれませんが、わかりやすく連絡先を伝えることを重視したものを考えてていくようになりました。もちろん、可愛いポップなデザインや格好良い鮮やかなデザインも自己アピールするには良い方法だと感じます。ただ、名刺と言うものは何を伝えるものかをしっかりと考えた結果でのデザインをしないといけないような気がするので、デザインを重視しすぎるものは、受け取る側のことを考えてのものであれば良いかと思いますが、一番重要なことは何かをしっかり考えたうえで作るべきだと思います。友達同士での交換でしたら、デザインの見せ合いっこみたいな感じで、可愛いデザインのものを渡しても良いかと思いますし、友達でしたら悪い気はしません。しかし、仕事上での付き合いでしたら、やはりシンプルなものが良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*