名刺の歴史と安い名刺の作り方

日本人は世界の中でもよく名刺を使う人種てして知られています。今のビジネス社会では必需品となっています。名刺の歴史は古く、その起源は中国と言われており7~10世紀の唐の時代の書物にも出てきています。当時の使用方法としては訪問先が不在の時に、竹や木に自分の名前を書いたものを戸口に置いておき、自分が来たことを知らせるために使われていました。その木や竹のことを当時は「刺」と呼んでいたことから「名刺」という名で呼ばれるようになりました。

また官僚社会では地位の人に会う際の取り次ぎとして用いたり、正式な会欠席する場合の挨拶代わりとしても使われていました。一方、日本で名刺が使われるようになったのは19世紀の江戸時代と言われています。当時は和紙に墨で手書きの名前を書いただけで、使い方も中国同様に訪問時の不在時に自分が来たことを知らせるために使われていました。現代の形に近い印刷されたものを使うようになったのは1860年代の幕末開国の頃とされています。自分の名前の上に紋所が入り使い方も役人が日本に来た外国人と接するときの挨拶として使われました。そして明治時代以降にはもっと頻繁に使われるようになり、鹿鳴館時代には日本の社交界にいても必需品となっていきました。そんな歴史のある名刺ですが、作成するにはやはり費用がかかってしまいます。一枚にかかるコストは安いとしても、たくさん作るとなるとどうしても費用がかさみます。

もちろん、専門の制作会社に依頼すれば簡単にお気に入りのものを作ってもらうこともできますが、このご時世ですから自分で作れるにこしたことはありません。現在では印刷機やプリンターも高性能のものが発売されているので、自宅でもオフィスでも多少時間と労力をかければオリジナルのものを安い値段でつくることができます。自分で作ってしまえば、用紙代とインク代のみで驚くほど安い値段でつくれてしまうのです。しかも最近では無料で気に入ったテンプレートをダウンロードして、自身のプロフィールを打ち込むだけで簡単にできてしまうものです。また、手作りですから、自分の好きなようにアレンジすることも可能です。一枚はビジネスように型にはまったものを作成し、もう一枚は少し遊び心をいれて洒落た感じのものに仕上げて使い分けをするのも楽しいかもしれません。確かに名刺屋さんに頼めば、高品質で満足のいくものができあがります。しかし、自分で作ってみるとデザインやレイアウトを細部にまでこだわってアレンジでき、また安い値段で作成することができるのでかなりおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*